冬→春への衣替え

着物

寒くなる日も混ざりながらですが、日に日に暖かくなってきましたね。

真冬ほど防寒に気をつけなくても良くなってきましたので、今日は冬物の片付けをすることにしました。

一般に、桜が散ったら冬物の出番は終わり、と言われるそうです。

私の体感では着物は洋服よりも暖かく感じることが多いので、冬着物を一気に片付けてしまうことにしました。

自宅で洗うことのできないシルクウール等はシーズン終わりのタイミングでクリーニングに出しますので除けておきます。

木綿や洗える絹の紬なんかは洗濯機や手洗いで汚れを落とし、畳紙にしまいます。

木綿、ウール、絹、紬、半着に長着に羽織、こうしてみると結構ありますね。

これらの着物はまた寒くなってきたらのお楽しみ。

これからの季節は薄手の木綿や単衣の紬に袖を通し、汗ばむくらい暑くなってきたらいよいよ麻着物の出番です。

羽織と袴の組み合わせが好きなのですが、暖かくなってくると羽織は暑いので、袖無し羽織や紗羽織に切り替えて、着物を楽しんで行きたいと思います。

新しい袖無し羽織を作らねば!

コメント


認証コード9877

コメントは管理者の承認後に表示されます。